密室を舞台にした芝居ばかり書く「引きこもり作家」又吉が、
毎回様々な「密室」をテーマに思いを巡らせ物語を妄想。次回作の案がここから生まれれば儲けモン。

2012年03月18日

第九訪 『オルゴールの飾られてある部屋』

久しぶりの更新です。ほぼ二年放置したこの企画。ほとんどシチュエーション芝居を書いてこなかったけれど、室内劇熱が再燃したので再び書き連ねますよ!

【あらすじ】

ある男を好きな女がいる。それはもう狂気を感じるほどに。彼の後を尾け、家に侵入を試みる。
が、侵入したその部屋はとても酷く荒れていた。乱雑に散らかってある中で、沢山のオルゴールだけがキレイに飾られてある。そこで彼の弟に見つかってしまう。

彼は無垢な少年のようだが、時々「頭が痺れる」ことで凶暴化してしまうことがある。ゆえに兄は彼をそこから出さないように監禁していた。

やがて彼女も兄に見つかる。彼女はこれ幸いとばかりに弟の監禁の事実を公表されたくなければ私と付き合えと脅迫する。

だが兄にも都合の良い話だった。弟に都合の良いオンナをあてがう事が出来るからだ。
半ば強引に女も弟と同じ部屋に監禁する。

安定しない弟との同居だが、その悲惨な生い立ちから徐々に打ち解け合っていく二人。
ただの通過儀礼用のオンナが大切な弟を変えていくことに苛立ちを覚える兄。彼女を弟から遠ざける為に、彼女の愛に応えると嘘を付くが…。


よくあるっちゃある系のドロドロ芝居ですね。登場人物が三人しか出てこないけど、トータル五、六人くらい出れるんじゃないかと睨んでます。
人がいっぱい出てシーンが飛んでって芝居が続いたからか、密で、人間関係のひっくり返りでダイナミズムを見せる芝居に今は惹かれる。

性善説とか思考の機械化みたいなことを描ければいいなと思っています。ま、九月にシットコムをやるんですけどね。
posted by マタヨシ at 22:15| 探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。